雑記

【無料】交通事故の弁護士相談なら交通事故解決ピットを利用すべき【慰謝料相場計算機あり】

9月 13, 2020

交通事故に巻き込まれてしまった。

ややこしいことに慰謝料とか、保険会社と話をしなければいけない...。

自分一人では知識もないし詳しい弁護士に相談したい。でも全く知り合いの伝手もないしどうしたらいいんだろう...

 

この記事を読んでいる人の中には、すでに交通事故で何かしらややこしいトラブルに巻き込まれている場合も多いと思います。

ということで、この記事ではこういった悩みを解決できるおすすめサイト『みんなの街の交通事故解決ピット』のお話です。交通事故で既にトラブっている人に利用してほしいサイトです。

 

【無料あり】交通事故の弁護士相談で交通事故解決ピットを利用すべき3つの理由

交通事故に逢ってしまった場合、できるだけ正確に早く問題解決したいはず。そんなときにおすすめなのが『みんなの街の交通事故解決ピット』です。

交通事故解決ピットを利用するべき理由は次の3つ

  • スピーディかつ信頼性がある
  • 【簡単】無料相談できる弁護士が見つかる
  • 24時間365日いつでも対応可能

 

それでは詳しく解説していきます。

スピーディかつ信頼性がある

交通事故に巻き込まれてしまった場合早急に対策したいものです。自分一人では解決できないときは弁護士に相談するのが得策です。

 

この場合、交通事故案件に強い事務所を探す必要があります。複雑な事故案件ほど専門性が必要だからです。

とはいえ、交通事故に強い弁護士事務所がどこかなんて、素人ではなかなか判断できません。

 

こういうときに交通事故解決ピットが役立ちます。素早く・専門性が高く信頼のある弁護士を探すことが可能です。

 

【簡単】無料相談できる弁護士が見つかる

とはいえ、「信頼のおける弁護士に相談したい..だけどお金は結構かかるよね..」

こんな不安も正直あると思います。

 

ただ、ここは心配無用で、交通事故解決ピットでは無料相談可能な弁護士がすぐ見つかります。

住んでいる都道府県を選択すれば、すぐに無料相談可能な交通事故専門の弁護士を検索することができます。

 

簡単に無料相談できる弁護士が見つかるはずです。

≫みんなの街の交通事故解決ピットで近くの弁護士を検索

 

24時間365日いつでも相談可能

交通事故解決ピットなら、時間や場所を気にせずにいつでも利用が可能です。

情報量も多く、欲しい情報をすぐ入手できます。

弁護士探しには、「土日祝対応可・24時間予約受付・18時以降対応可・当日相談可・全国出張対応・夜間相談可・電話相談可」の計7項目から、絞り込み検索ができるので、ライフスタイルに合わせていつでも相談ができます。

 

交通事故に遭ったとき弁護士に相談すべきタイミング

交通事故にあってしまったらどんなタイミングで弁護士に相談すればいいのか、ぶっちゃけよくわからない..

いくつかケーススタディを載せておきます。ぜひ参考に。

  • ケース①:入院レベルのケガをした⇒入院時点でスグに相談
  • ケース②:同乗者が死亡した⇒死亡後~49日位までに相談
  • ケース③:保険会社から治療費打ち切りを宣告された⇒打ち切り宣告時に相談
  • ケース④:不満足な後遺障害認定だった⇒後遺障害申請の認定決定時に相談
  • ケース⑤:加害者と折り合いがつかない⇒折り合いがつかなくなった時点で相談

 

なぜこのタイミングが重要なのか細かい理由は、交通事故解決ピットの公式ページで確認してみてください。

 

【簡単】弁護士依頼の方法と流れ

つぎに弁護士に実際依頼するときの流れを解説します。

ざっくり次の3ステップです。


  • まずは自分で慰謝料シミュレーション

    弁護士探しの前に、まずは自分の出くわした事故被害でどれくらいの慰謝料になるのか確認しておくといいです。この結果をベースに話を進められるので、目安として把握しておきましょう。

    ≫3分で分かる!交通事故慰謝料自動精算機 | 交通事故解決ピット


  • 近くのエリア・条件から弁護士検索

    自分がどんな立場にあるのか、どれくらいの慰謝料がもらえるのか状況が把握出来たら、実際に弁護士を探してみましょう。エリア・土日対応可など条件検索でマッチしそうな弁護士事務所を探します。

    ≫弁護士を探してみる


  • 相談料金・着手金で気になる弁護士事務所を選ぶ

    ヒットした弁護士事務所から気になるところを選びましょう。無料相談や初回着手料金は無料のところが多いです。相談料が発生する事務所もあるので要チェックです。


 

参考になる記事やコラム記事がたくさん掲載されているので、弁護士探しの前にそちらをチェックするのもありです。もし急いで探したいならまずは上記のステップ。

 

 こんな場合も交通事故解決ピットを活用しないと損

さいごに「こんな場合でも弁護士相談した方が得策」というような、よくある交通事故事例と関連する参考記事を紹介して終わりたいと思います。

交通事故事例3例

  • 同乗者として事故にあったとき
  • あおり運転が原因で負傷したとき
  • 車だけじゃない!自転車での事故トラブル

 

わりと多い3例だと思います。

同乗者として事故にあったとき

知り合いに車に乗せてもらったときに起きる事故。関係性の悪化を恐れて適切な損害賠償を請求しにくいこともあります。第三者という立場で適切な交渉ができる弁護士に依頼することが大切です。

≫同乗者の交通事故に関する賠償金についての記事はこちら

あおり運転が原因で負傷したとき

被害にもしあった場合、あおり運転の加害者と示談交渉する際は必ず弁護士に依頼しましょう。交通事故に得意な弁護士に依頼することが最重要です。

あおり運転の対処法はこちらの記事

自転車での事故トラブル

自転車には免許がなく誰でも乗ることができる利便性がある反面、交通マナーが軽視されがちです。場合によっては、ややこしいトラブルになることも。

≫自転車事故に参考になる記事

 

まとめ

万一交通事故でトラブったとき、少しでもややこしい案件は弁護士に相談してみるといいです。

 

交通事故は専門性が高いので、交通事故に強い弁護士に依頼する必要があります。

交通事故解決ピットは素早く、交通事故に強い弁護士を見つけられるサイトなので、事故に逢ってしまったら是非活用を。

≫みんなの街の交通事故解決ピットで弁護士を探す

\こちらの記事はどうでしたか!/

-雑記

© 2020 とりとらブログ