ダイエット ダイエット方法

ダイエット停滞期に効果的!身体を騙す「チートデイ」

8月 7, 2019

ダイエットをしていて、初めは順調でもある程度いくと体重が落ちにくくなり、

いわゆる「停滞期」を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな「停滞期」を打破するのに効果的な方法が「チートデイ」と呼ばれる、食事方法です。

 

ということで、今回は「チートデイ」についてお話していきたいと思います。

 

チートデイとは

  • チート・・・反則・騙す・本来とは異なる動作

といった意味があります。

よくテレビゲームなんかの用語としても、反則技とか裏技とかをしたとき使う意味と同じです。

 

ダイエット中でも一週間を目安に、何を食べてもいい日を設けるという方法のことを「チートデイ」と呼んでいます。

 

そもそも何故停滞期が訪れるのか?

減量のために摂取エネルギーを少なくしていくと、

あるときを境に体が飢餓状態だと勘違いし体重がほとんど落ちなくなります。

 

その理由は、身体を一定の状態に維持しようとしする「ホメオスタシス」という機能が働くことにあります。

 

ホメオスタシストとは、「恒常性」という意味で、

摂取カロリーが少ない飢餓状態になると、身体の状態を一定に保つために

消費カロリーを減らす働きをします。

 

つまり、ある一定のところまで減量すると、ホメオスタシスの働きでカロリー収支が釣り合うように勝手に身体が調整してしまうため、「停滞期」が起こるのです。

停滞期にチートデイが効果的な理由

身体のホメオスタシス(一定の状態に保とうとする)の機能によって、

停滞期がくるのであれば、そこに違った刺激(チートデイ)を与えることで、

その停滞期から抜け出すことができるのです。

 

ここではチートデイの効果についてお話していきます。

身体が騙されて代謝が上がる

先ほどもお話したとおりチートデイは何を食べてもよい日、言い換えれば、どれだけカロリーを摂取してもよい日ということです。

 

したがって、チートデイにたくさんの食事を摂取することで、身体にたくさんのエネルギーが取り込まれ、代謝を上げようとします

 

精神面でも楽になる。

チートデイは好きなものを好きなだけ食べれるので、

ダイエットによる、食欲を満たしてくれるためストレス解消になり、精神的にも効果があります。

 

チートデイの注意点

チートデイの日をつくるにあたって注意点があります。

 

基本的にはチートデイは好きなものを好きなだけ食べるのですが、

効果があるのはあくまでダイエットをちゃんと頑張っている人に限ります。

 

停滞期に差し掛かる前にチートデイで大量の食事を摂っても、むしろ体重が増加してしまうだけです。

 

なので、チートデイを取り入れる際は、あくまで停滞期なるまではダイエット継続できるような人でないとおすすめできません。

 

さいごに ~チートデイを成功させるために~

チートデイを成功させるためには、食べることを恐れず、その日はダイエットのことは忘れてしっかり食べることが重要です。

 

また、ダイエットでは体重管理を必ず行ってください。

自分がどこまで体重を落としたいか目標を立てていつまでに達成するかを考えることが非常に大切です

 

最終目標と期限から逆算して、次のチートデイまでにどれだけ痩せておく必要があるか、ということを考えるようにしましょう。

そうすればチートデイで心置きなく好きなものをを食べて、また次のチートデイまで頑張ろう!というモチベーションにもつながります。

 

チートデイは必ず効果があるので、自分の身体をうまく騙して理想の身体に近づくように頑張りましょう!

 

\こちらの記事はどうでしたか!/

-ダイエット, ダイエット方法

© 2020 とりとらブログ