筋トレ 筋トレアイテム

ホームジムに最適!床を保護するフロアマット

9月 18, 2019

ホームジム フロアマット
自宅で筋トレをしているけど、ダンベルを置くときに床のキズが気になる.. 何かいい床材ないかなあ

 

こんな悩みを解決するおすすめのフロアマットを紹介します。

 

特にトレーニングに慣れてくると、高重量のダンベルを扱うようになるため、より一層床のキズには注意を払う必要がありトレーニングに集中できません。

キズ防止のために床材としてEVAのジョイントマットを敷く場合もあるかと思いますが、EVAマットだと高重量のダンベルを置いておくとつぶれてしまうなど強度面でイマイチな点があります。

フロアマットはこんな場合におすすめです。

こんなときにおすすめ!

 

  • 賃貸なので床に傷をつけたくない
  • アブローラー(腹筋ローラー)を自宅の床でやりたい
  • ダンベルを床に置いておきたい
  • 本格ホームジムをつくりたい

 

そこで今回は高重量のダンベルでも潰れない自宅用のおすすめフロアマットを紹介したいと思います。

→EVA樹脂マットでも硬度が高いおすすめがありました!【ホームジムにおすすめのEVA樹脂ジョイントマット】

 

おすすめフロアマットご紹介

今回紹介したいのが、ゴム材EVA材を使った筋トレ用のフロアマットです。

ジム フロアマット ジョイントマット ラバー マット 大判 60cmサイズ 16枚セット

 

商品の特徴

素材について

使用している素材はEVA層ゴム層で構成されています。

  • EVA層
    衝撃吸収性に優れており、床の保護や騒音対策になります。
  • ゴム層
    EVAに比べ強度があり、マット自体の沈みこみを防止できます。またトレーニング中も滑らず踏ん張りが効くので高強度のトレーニングでも安全です。

EVA層の表面にゴム層があることで、高重量を扱う場合でも高強度かつ衝撃吸収に強くなっています。

 

マットの厚さは2タイプ

使用する器具の重量や、部屋サイズの合ったものを選択するとよいでしょう。

部屋によっては、2cmの厚さだと扉に引っ掛かり開閉できなくなるので事前に確認しておく必要があります。

私は1cmタイプを使用していますが、40kgのダンベルをおいても全然問題なしです。

 

サイズは1枚60cm×60cm

マット1枚当たり60cm×60cmです。

4枚セット8枚セット16枚セット32枚セットの4種類で販売しているので、部屋のサイズに合わせて、セット数を選択するとよいです。

カッターで簡単にカットもできるので、部屋ぴったりに敷くことも可能です。

 

サンプル品が購入可能!

あらかじめ商品を確認したい人用に10cm×10cm程度のサンプル品が購入できます。

値段も330円なので画像だけでは決めかねるという人はサンプル品を取り寄せて確認してみるとよいでしょう。

厚さも1cmと2cm両方入っているので、どちらの厚さにしようか迷うっている方もサンプルを一度見てみるといいかもしれません。

サンプルの購入はこちら

使用レビュー

約半年ほど使用したのでレビューを書きます。

私は厚さが1cmのタイプを選択しました。

 

強度:★★★★★

強度については文句なしです。

40kgのダンベルを置いてますが、全然潰れ・へこみは無しです!

ダンベルを乱暴においても床を傷つける心配もないです。

 

写真載せておきます。約40キロのダンベルでも凹みなし!

わかりにくいかな・・・?(笑)

 

ニオイ:★★★☆☆

ニオイについては、若干ゴム臭さがあります。

ただし、換気した状態であれば時間が経てばニオイも抜けていき、気にするほどではないかと思います。

 

耐久性:★★★★☆

半年間使用していますが、大きな損傷なく耐久性については満足しています。

使用していると少しだけゴムの粉が出ますが、部屋の掃除機をかける際に一緒に掃除してあげればほとんど問題なしです。

 

まとめ

高重量を扱う場合は特に床のキズ防止にフロアマットが必要です。

本格ホームジムをつくりたい!という人は是非参考にしてみてください。

 

\こちらの記事はどうでしたか!/

-筋トレ, 筋トレアイテム

© 2020 とりとらブログ