筋トレ 筋トレアイテム

おすすめ筋トレアイテム7選。自宅トレーニングも効率的・効果的にできる!

7月 2, 2019

平日は仕事で忙しくて、ジムにいけない人も多いと思います。私もその一人です。

そんな自宅トレーニーにとって筋トレアイテムはゼッタイに必須です。

今回は時間が限られた社会人でも自宅での筋トレをより効率的かつ効果的にするために必要なアイテムを紹介したいと思います。

トレーニングを効率的に行うためのアイテム

➀ダンベル

筋トレするからには必須アイテムですね。

自宅となるとたくさんの重さのものを用意することは難しいので、可変式のものをおススメします。

おすすめの可変式ダンベルについては以前記事にしているので、参考にしてみてください。

②アブローラー(腹筋ローラー)

腹筋トレーニングで有名なアブローラ。

魅力は何と言ってもそのコストパフォーマンス。安価に手に入れられるうえに腹筋への刺激は絶大。立ちコロができるようになったころには腹筋は相当鍛えられているはずです。

間違いなく腹筋を鍛えられるおすすめアイテムなので、自宅に一つあるとよいでしょう。

さまざまな種類のものがありますが、正直どれも大きな差異はないので、

コスト面重視で選択して問題ないと思います。

③トレーニングマット(ヨガマット)

トレーニングマットは床キズ防止に欠かせないアイテムです。

ダンベルやアブローラーを床で使用すると、キズがつきやすいので用意しておくことをおススメします。

賃貸の場合は、消音の効果もあるので必ず用意しますよう。

④トレーニングベンチ

ベンチ台はあるのと無いのではトレーニングの内容に大きな差が出るので、余裕があれば一台あるとよいです。

角度変更できるものの方がトレーニングのバリエーションも広がります。

また、重量物を扱うので耐荷重がある安全性の高いものがおすすめです。

⑤トレーニングチューブ

トレーニングチューブ

トレーニングチューブはケーブルトレーニングの代役として使用することができます。

ダンベルトレーニングの後に、筋肉を追い込む種目として取り入れてみるのもよいでしょう。負荷の大きさはチューブの強度や本数を変えることで調整が可能です。

⑥プッシュアップバー

主に大胸筋を鍛えるアイテムです。

筋トレ初心者のひとや、ダンベルトレーニングのあとの追い込みアイテムとしても使えます。

大胸筋によりストレッチをかけることができるので、通常のプッシュアップに比べて負荷を大きくすることができます。

⑦チンニングバー

チンニング(懸垂)は背中を鍛えることができるトレーニングとして有名な種目です。

しかし、自宅ではなかなかチンニングする場所がないことが多く、チンニングバーがあれば自宅でもチンニングが可能になります。

自宅の扉部分に引っ掛けるタイプのものは省スペースで優れものです。

最後に

今回は自宅トレーニングにおすすめの筋トレアイテム7選を紹介しました。

自宅での筋トレも器具があればジムに近いトレーニングが可能になるので、

これからトレーニングを始めようという人は是非参考にしてみてください。

\こちらの記事はどうでしたか!/

-筋トレ, 筋トレアイテム

© 2020 とりとらブログ